金利が低いキャッシング

金利が低いキャッシング選び

銀行から借りられれば金利は低いですが、中々敷居が高かったりします。金利が低くできれば早急に借りたい場合、消費者金融が迅速な対応をしてくれます。

 

金利が低い企業を選ぶコツは、最初に適用される金利が低い所を選ぶのがポイントです。

低金利の比較

10万円以上借りる場合、法律で定められいるのが上限金利18%です。クレジットカードも多くの会社がキャッシング枠の金利を18%に設定しているところが多いです。

 

スピード対応のキャッシング会社も軒並みこの様な金利です。低い金利を選択する秘策として上限金利が低い企業がいいですね。無利息期間のある場合は特に利息も少なくなります。

 

キャッシングブランド 金利 (実質年率) 無利息期間の有無
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 6.8%~18% ×
レイク 4.5%~18%
ノーローン 9.5%~18%
プロミス 4.5%~17.8

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利が低いプロミス

上記の表をご覧になると分り易いと思いますが、1万円から100万円以下までの貸付の場合、最初に適用される金利が最も低いのがプロミスです。そして無利息期間があるので大手キャッシングの中では使い勝手が最良と言えるでしょう。

 

即日融資や来店不要でのキャッシングも対応されており、店舗やATMも豊富です。

 

プロミス 平日14時までWEB契約完了で即日キャッシング可
金利(実質年率) 4.5%~17.8% 即日借入も可能
借入限度 1万円~500万円
審査 最短で数十分
担保・保証人 必要なし

低い金利を選ぶ際のまとめ

最近は、中々金利の引き下げをする企業が少なくなってきました。融資の増額はしてくれても金利の見直しには腰が重い様です。

 

この様な状況下では、どこから借りるのかがとても重要になってきます。金利が低い、無利息期間がある、返済しやすいシステムもしくは自社ATMが豊富に有り、出し入れが容易である。返済しやすいと言うのは金利が低いと同じ位に重要な事ですので選ぶ時のポイントにすると良いでしょう。

 

早め多めの返済を心がける事も重要なポイントです。そうする事により金利が低いという要素より、総返済額が少なくなるでしょう。早め多めの返済は、将来お金が入用になった時、借りれる枠が残っている事によりスムーズに対処する事ができるでしょう。

 

キャッシング即日com.com/